上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の練習は金管セクションだけの練習と
その他のメンバーによる自主tuttiを行いました。

私は金管楽器なので当然セク練に参加しまして
トレーナーの熱血指導を受けて参りました。
もう本番も近いので一通り曲をさらいましたが
このままではヤバイ、って実感を強くした次第です。

なぜならば、本番までもう3ヶ月ですからね。
そりゃもうチラシも出来上がるっちゅうもんです。

というわけで今年のチラシが出来上がりました。
過去9年間チラシを制作されていた方が退団してしまったので
今年は不肖ながらこの私めが制作しました。

チラシ2012


今年はソリストを招いてホルン協奏曲を演奏するので
ムジマを象徴するカバとホルニストを描いてみました。
もう第10回目なんですねぇ。しみじみ。

今年のコンサートは、
・2012年5月27日(日)
・13時開場、13時半開演
・フィリアホール(東急田園都市線青葉台駅より徒歩5分)
・入場料1000円(全席自由)
です。

曲目は
・ヨハン・クリスチャン・バッハのシンフォニー
・モーツァルトのホルン協奏曲第三番
・ベートーヴェンの交響曲第一番
です。

皆さん、
今のうちに予定空けておいてくださいね!
スポンサーサイト
2012.02.15 プロは凄い
今週の練習は指揮者を招いてのtuttiでした。
ベト1とクリスチャンバッハ、ホルン協奏曲を合わせました。

今週はもう一人のホルンがお休みだったため
ホルン協奏曲を独奏するプロの方に
ベト1とクリスチャンバッハを代奏していただきました。

プロの右隣、
つまりホルンのベルのすぐ横に座っていると
音がとても良く聞こえてきて勉強になります。

一緒に吹いていると
ついつい自分もちゃんと吹けているような
錯覚に陥ってしまうのでそこはご用心。

ベト1とクリスチャンバッハを合わせ終えた段階で
私はすでにお疲れモード。
でもプロの方はそこからさらに協奏曲を通せるのです。
何たるスタミナでしょうね。

やはりプロは凄いですね。
いや、凄いからプロでいられるのか。
2012.02.14 2/12のTutti
2/12は午前中に木管セクション練習。

君たちにベートーベンを演奏する資格は無いんじゃ~と言われ
半分は体作りとペットボトルに穴を開けたものを吹いてました。

ペットボトルだとフーって吹けるのに、、いざ楽器を吹くと。。。

どう表現したものか、口先のでまかせ?みたいな音になる時がある。
そうかその音は良くないんだ…合わせにくい音ってこのことかと納得した。

午後はTutti。
ベートーベンは午前中の成果を発揮できたかわかりませんが、、音程の悪さにがっくり!ということはあまり無かったかな(汗)。クリスチャンを久々に通したのですが、やはり4楽章はテンポ90以上!ついて行くのに精一杯になり午前中の成果はどこへやら(TT)。テンポ80台をクリアしたとこなので次こそは90に載れるよう精進します。
ホルン殿が事情?があるので・・・今までの出来事ざっと私が書きます。
11/27 自主練:新しい曲の初見大会と切り張り大会だった。(冷汗)
12/4 自主練:6重奏のベト1…あれっ(汗)
12/11 自主練:7重奏のベト1…むむむ(大汗)
12/18 Tutti:リリオにて練習&忘年会…新曲決まるクリスチャンバッハ!!(涙のOboe)
1/15 自主練:低音無しのベト1…うー(涙)
1/22 木管セクション練習:基礎から…何度同じことを言わせてるんだろうぼくたちは♪なぜ忘れてしまうのだろうわたしたちは♪そろそろAがAであるように吹けないものだろうか♪(あるAの詩より)
1/29 Tutti:世田谷の練習室にてホルンコンチェルトとベト1・・・みんなそろうと吹きがいあるね・・って

忙しい人の話を聞くと本当に大変な仕事だなって思う。。。仕事が無い人も沢山いるのにうまく分けられないものかと思うけど難しいのかな。理想はノー残業だけど、、ってわけにもいかん時もあるよね。。
♪あー世界がノー残業になりますように♪
ノー残業でも世界がうまく機能しますように♪
(あるZの詩より)

だれか考えてっ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。