上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.14 2/12のTutti
2/12は午前中に木管セクション練習。

君たちにベートーベンを演奏する資格は無いんじゃ~と言われ
半分は体作りとペットボトルに穴を開けたものを吹いてました。

ペットボトルだとフーって吹けるのに、、いざ楽器を吹くと。。。

どう表現したものか、口先のでまかせ?みたいな音になる時がある。
そうかその音は良くないんだ…合わせにくい音ってこのことかと納得した。

午後はTutti。
ベートーベンは午前中の成果を発揮できたかわかりませんが、、音程の悪さにがっくり!ということはあまり無かったかな(汗)。クリスチャンを久々に通したのですが、やはり4楽章はテンポ90以上!ついて行くのに精一杯になり午前中の成果はどこへやら(TT)。テンポ80台をクリアしたとこなので次こそは90に載れるよう精進します。
スポンサーサイト
こんにちは、今回はいつものホルンの彼ではなく、
ビオラの私がお届けします。
代打の代打ですがどうぞよろしくおねがいします。

さる10月3日の日曜日、この日は自主tuttiを行いました。
再来週は今季最初のtutti(指揮者さんが振ってくださいます)
があるので、その予習もかねて、
エベールルとモーツァルトをさらいました。


過去にホルンの彼が金管楽器の視点から
その混乱っぷりをお伝えしましたが、
今回は弦楽器の混乱っぷりをお伝えしてみようと思います。


以前の記事にもあったように、落ちることはもちろんのこと、
(私は通称おもらしとよんでいますが)
みんながシーンとしているところで先走って
次の小節をぶりっと弾いてしまう
(しかもそんな時に限って記号はフォルテッシモです)
ことなどを経験し、ついには一生懸命弾いている姿をしているものの
その音は実はピアノピアニッシモという、
「エア演奏」の技術に長けてきたり、
音符を追いすぎるあまり乱視が進んだことに気がついたり、
譜面のサイズをA4ではなくB4でつくればよかったなあ、
などと反省したりしだすのです。
しまいには精神と肉体が分裂しだし、
一生懸命譜面を目で追って演奏しながら
大学時代に教室を借りてみんなで威風堂々を練習したなあ、
なんてことをなんの脈絡もなく
おもいだしたりしているのです。

そして最後にははてしない徒労感と
「やっぱもっと練習しなきゃダメだあ…」という
反省だけが残るのです。

そんな一日でありました。
(あんまり弦楽器関係なかった)


ちなみに私はエア演奏歴10年目に突入しました。

次回は普段通りホルンの彼がお届けします。
ごきげんよう!
こんばんわ
いよいよ明日が本番・・・キャー
ただいま夜の11時30分
団員は集合が早いので、早く寝ないといけないのに
何だか目が冴えてしまって

定期演奏会が年に1度しかない(大概のオケは2回くらい)ので
重みがあります。ずっしりと
演奏中一人で間違えて音がはみ出したらどうしよう・・とか考えると
恐怖ですね
しかしまぁ、萎縮しても仕方ないので
その辺は割り切っていこうと思い込もうとしています

しかし毎年演奏会前夜というのは緊張しますが
いざ本番は楽しいのです
本番マジック(いやいや、練習の賜物ですが)というか
いろいろ楽しいことが起こるのです
音がキラキラしてくるんです
今年もキラキラした音楽の時間を味わえるといいなと思います
そんな音をお客さんと分かち合えるよう
明日はメンバー全員で
あの特別な、やり直しがきかない、だからこそ輝く時間を楽しみたいです

前夜のつぶやきでした
では明日
皆様ルネこだいらでお会いしましょう



皆さんこんにちは
今日も雨みたいですね~
晴れるとジリジリ暑いのに
雨だと春先のようにヒンヤリ
気温差が10°くらいあるからでしょうか
風邪ひきさんが多いですね
昨日のゲネプロも1人体調不良で早退されてました

そう、昨日はゲネプロでした
総まとめ、ということで
朝9時に集合、9時30分開始で17時までの練習でした
ちょっと狭い部屋で空気不足
そしてエアコン入れると寒くて消すと暑くなる部屋でした
演奏面では、修正点は多々、多々多々多々あったものの
全体の雰囲気はまとまってきて
あとは本番で一番いい演奏ができるように
体調管理等、準備しなければ、という感じです
うふ、本番楽しみだ~ワクワク




来週は本番なので
今回は今年度の自分(音楽に関して)を
つれづれなるままに振り返ってみました

個人的にはいろいろ反省の年度となりました
年末引っ越し(楽器が弾けない家に)&勉強で
一番練習量が少ない年でした
その割に、チェロで参加して5年目にして
やっと全曲をそこそこちゃんと演奏しきれるようになりました(譜ヅラは)
1年目は1曲くらいしか弾ききれなくて
他の曲は弾けるとこだけ弾いて、後は弾きマネ(悲)
本当に辛かったなぁ、、、身が切られる思いでした
その頃は、皆の音楽を邪魔しかしていないような気分がずっとしてて
罪悪感ばかりが先行してました
けどみんなそれを容認してくれて、、、
そんな時代もありましたw

今はまた自分に対する課題が変わってきました
ずっとパートの他の人達の音にのっかって弾いていて
だから他の人が間違えたり落ちたりすると
コワくてドキッとして!弾くのをやめていたのです
自分一人が違う音を出すことに恐怖感があったわけです
音程も、 パート全体的に乱れていると
私が変な音を出しているのも(汗、と
音を出すのをやめて確認しないと弾けませんでした
弦楽器パートは一心同体なので
乱さないようにしなければ!という気持ちが強いのです

しかし今回、
練習の間に1プルが落ちるたびに自分も落ちて
パート全滅、という部分が出る事件がたびたび起こり(ひー
そしてチェロ(低弦)はもっとオケ全体のテンポを作り出して
全体を牽引していく存在でなくてはならない、ということで
もっと自信をもって演奏できるようになりたい、という気持ちが強くなりました
フルート時代は良くも悪くも迷いがなかったので(昔7年くらいフルートだったのです)
まず落ちるということはあり得なかったので
比較的乗っかられる存在でした
しかし周りを聴いて合わせる能力が足りなかったので
フルート時代と、今を足して2で割れば
ちょうどいいのかもしれません
あと、○長調の所からやるよ~と指揮者さんに言われても
どこからか分からない私とオサラバしたい、、、
そういう意味でも音楽とちゃんと向き合わないとですね

は~
しかし本番は来週だし
その後は長期実習で12月までムジマ出れないし、
その後国家試験勉強で来年3月まではあまり練習できないし、、、
チェロもっと練習したいよ~
1年は辛抱の年になりそうです、、、

さて、黒フォーマル、黴びてないかな、、、出しておかないとw
ちなみにいつもご覧になっていらっしゃる方はお気づきの通り
テンプレートを変えました
かわいいんですけど、ちょっと見にくいかな、、、
不評だったら変えます、メッセくださいな


ではでは、是非会場に足をお運び下さいね



皆様こんばんは~
今日はとても暑い日で
最近ダイエットの為に駅まで歩いているのですが
おてんと様がギラギラで
紫外線が気になる今日このごろでございます

昨日は今期最後の自主Tuttiでした
うひゃ~、、気づけばもう本番はすぐそこ

チェロが最初1時間くらい2人しかいなくて
久しぶりに前線(1プル)
悪魔の最初のチェロ2人で弾くとこ、緊張して手が震えました、、、(内輪の話ですみません)
でも1プルだとみんなでアンサンブルしている感じがいつもよりして
ちょびっと楽しめました(緊張の方が上ですが)

内容は、前回のホール練習での通しの録音を聴いて
全曲、部分をピックアップしてチェックしました
前回の通し練習は疲労の影響もあってか、崩れた部分がありましたが
昨日はそこそこ調子良くいった気がします
もちろんまだまだ修正部分は沢山ありますけどね

やはりこの時期になると、ああいう練習をもっと早くしておけば良かった~
後悔先に立たずですが
それをまた次回演奏会に向けての練習に活かして行きたいですね、、
やはり単純な音階練習不足が身にしみます
ばっと皆で音を出した時、自分の音がずれていることに気づく事、
それを修正できる能力(耳)を培って行かないと
同じ間違いを繰りかえすことになりますから、、、う~ん

う~ん、今回のブログはちょっとマジメな事言ってますね、フフ

さて泣いても笑っても次はゲネプロ
聴いていただくお客様にいい音楽をお届けできるよう
しっかり準備したいと思います
ぜひ皆様足をお運び下さいませ






第8回定期演奏会

2010年5月30日(日)ルネこだいら/中ホール
13:00開場、13:30開演

《演目》

Antonio Rosetti: Symphony in D dur La Chansse

Luigi Boccherini: Symphony Op12 No.4 "La casa del Diavolo"邦名「悪魔の家」

J.Haydn :Symphony No103「太鼓連打」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。